どんなDVDだと買取が不可になる?

DVDもすっかりと私たちの生活の一部となり、家庭での娯楽に欠かせません。また映画から趣味ものなど種類も増え、さらにその値段も手頃となり、買いためておくなんて人も増えました。

でも、やっぱり場所をとったり、見なくなることもあります。そんなときにいいのが買取です。
しかし買取って、何でもしてもらえるのでしょうか。

まずは状態が大切!

DVD状態
DVD買取は、DVDでもブルーレイでも可能です。
とはいっても、まずはその状態が大切となってきます。状態により買取不可があるのです。

DVDに傷

たとえばDVD自体、つまりディスクに傷がついていると不可となります。やはり正常に再生できないからです。細かな傷で音飛びや画像が乱れるなんてことがあれば、やはり不可となります。

ブックレットの状態

次に歌詞のブックや説明書といったブックレットが傷ついていたり、破けていると不可となるケースもあります。
あと、ケースが無いと不可となります。その他には、傷や汚れが目立つとなると不可となりやすいです。

箱なしでも大丈夫?

ちなみに箱はあれば査定金額がアップしますが、無くても買取してくれるところが多いです。また帯もなくてもそれほど査定には影響は受けなさそうです。
まずは、見た目や状態、再生可能かが肝心と言うわけです。

輸入DVDは可能なのか

輸入
あとここ最近では、海外から個人で輸入したり、インターネットで取り寄せるなんてケースも増えています。
このように直接取り寄せた場合、実は日本語の字幕がなかったり、日本語吹き替えがないケースがほとんどです。つまりは見る人はその国の言語が分かるから見れると言うわけです。なので、こうした日本語の字幕や吹き替えをしていないものは、買取り不可となります。

DVDにはリージョンコードと呼ばれる地域コードがあり、そもそも再生すらできないケースがあるのです。もちろん先にもあげたように再生できなければ、買取してもらえるわけはありません。
輸入したものについては、ほぼ不可となりそうです。

海外から購入したものだと海賊版といった偽造コピーというものもあります。もちろん海外からでなくても、海賊版や偽造コピーされたものについては、買取不可となるので、気を付けましょう。

アダルト系はお店で異なる

怪しいDVD
男性だとよく持っているアダルトDVDですが、これはお店によっては対応が分かれやすいです。ゲオのように買取不可となることを明記しているところもあれば、インターネットの無店舗型の買取店ではオーケーのケースもあります。またアダルトショップでも、買取オーケーも普通にあります。
なので、一概に不可とは言えません。こちらについてはあらかじめホームページなどで確認しておきましょう。
また、アイドル系でもセクシー系は不可となるケースもあります。こちらについてもホームページで確認したり、スタッフに問い合わせるようにしましょう。

その他で不可のものってどんなのがあるのか

まずは、レンタルショップから購入したものです。やはりケースも紙のものだったり、またレンタルショップ独自のケースといったものであれば不可となります。
そうしたレンタルアップというものは受付してくれません。

また、今だと雑誌の付録などでもDVDがつくことがあります。これにケースを用意して買取に出しても受付してくれません。きちんとどこかのメーカーから販売された型式もあるものでなければ、査定も出せませんから、買取できないというわけです。

あなたのDVDは大丈夫?

あとは盗難品やその可能性があると見なされると、不可となります。
DVD買取に出す前は、こうした不可対象のものでないのかチェックてから、出すようにしましょう。

DVD買取ならバイキング
■https://www.buyking.club/items/dvd